S級人妻とのセフレ体験談②!激しいセックスにメロメロ状態・・・

S級人妻 セフレ体験談 PCMAX

前回の記事ではさつきと初めて会ったことまでをお話しました。
(雑談して終了してしまった件)

そして次回こそは「スケベなことを・・・」

という熱い(エロい)想いを胸に燃え上がらせていたこともお話しましたね!

今回はちょっとばかしお下品な言葉が並んでいますので、そうゆうの苦手な方は流し読みして下さい(笑)

2回目の出会いでついに念願の・・・・♡

人妻さつきと2回目の御対面は「最初の出会いから1週間後」だった。

約束を取り付けることに苦労しなかったのを覚えている。

やっぱり1回会って安心感があると全然違うもんなんですね!

場所や時間帯は前回と同じ。

さつきの都合がつきやすい時間帯なんだろう。

例のごとく僕は待ち合わせ10分前に到着。

そしてタバコに火を付けて、さつきを待った。

時刻は23時。

待ち合わせの時間・・・しかし一向にさつきが来る様子がない。

もしかしてドタキャン?

もしくは嫌われてた??

そんな不安が僕の胸いっぱいに広がったが、、、

「コツン!」

窓をノックするような音が聞こえた!!

「さつき」だ。

「ごめんごめん、ちょっと買い物してて遅くなっちゃった(^_-)-☆」

僕は満面の笑みで「大丈夫だよ、俺も今さっき着いたとこだから」

なんてありがちなセリフで応対した(笑)
(無事さつきとご対面できて内心ホッとしていたんだけど)

2人で僕の車に乗り込み、商業施設から人気のない「近所の駐車場」に移動。(僕の地域は田舎なので深夜は駐車場でカーセックスし放題です笑)

ここまでは予定通り♪あとは・・・

さつきと談笑しながら僕はさつきの細い太ももを擦った。

さつきの反応は悪くない。

「これはイケる!!!」

ここからはもう前戯に入ります。

濃厚なディープキスから始まり、首筋、胸、脚と舐め回してやりました(笑)

さつきも感じているようで「あッ・・・あん・・♡」

とノッてきています。

さつきのア〇コはヌルっと濡れていました。

「もうこのまま最後までシちゃうしかない(我慢できないw)」

もちろん、さつきもその気だった。

周りに人がいないことを確認していざインサート♡

僕の車(ワンボックスカー)がギシギシと揺れるくらい激しいエッチでした。

ちなみに車内はもう完全に曇っているので周りから見たら「カーセックス」だって一発で分かるような状況になっていましたよ(笑)

「こと」が終わり2人は車内に横たわり、ちょっと雑談してから解散しました。

また会いたい(ヤリたい)・・・僕は解散した瞬間そう思っていたのを今でも思い出します。

僕の人生の中でさつきは最高の女性

  • スタイルはモデル級
  • 性格も良し
  • 旦那もいる

なのになんで欲求不満?

女性ってわからない!

だけど・・・そのおかげで僕はさつきと出会えた。

ありがとーPCMAX。
(最後はそこかい(笑))

次回予告:「さつきとの別れは突然に・・・」

コメント

タイトルとURLをコピーしました