出会い系アプリで知り合ったのは「淫乱人妻のR子」

人妻R子 エロ体験談 エロ体験談

淫乱人妻「R子」は44才の主婦。

俺より8歳年上。

旦那と子供1人の3人家族。

今では「俺の欲求に応えてくれる最高のセフレ」

彼女の出会いは「出会いアプリ

R子との営みは「真昼間」

いつも会うのは、旦那が仕事に行ってる、子供が登校している時間。

そう、真昼間!

旦那が帰ってきたら・・子供が早退してきたら・・なんて思いながらするエッチはスリルがある。(ガチでそうなったら修羅場ですが)

さて、今日もR子とスケベをする日だ。

抱きしめ方が異常に強い・・・彼女は欲求不満?

リビングのソファーで抱き合あった。

R子は欲求不満なのか・・抱きしめ方が強めなのだ。
何度かキスをし、白く形の良い胸を揉んだ。

彼女は俺のズボンのファスナーを下げ、ナニを出し、口に含んだ。

スケベな人妻だ・・そう思いながら、俺はニヤけ顔で昇天させられそうに・・・

そう簡単にイカない!

土曜日の真昼間、「R子ににケツを出せ!」と俺は指示。

恥ずかしそうに後ろを向いてスカートをめくり、パンツを下げる。

その様子がたまらなくエロい♡白くて弾力のあるお尻。

もう、むしゃぶりつきたくなる。

「旦那にこんなエロいケツをみせているのか・・・」

そう思うとさらに興奮したきた。

R子を後ろ向きに四つんばいにさせ、後ろから指で思いっきりクリトリスを刺激。

さらに旦那様がいつも使っている穴も攻める!

もうすでにグチョグチョ。

本番はベッドの上で!R子の「まさかの行動」とは?

淫乱人妻

ここで別室に移動。

いつも旦那と寝ているというベッドのある寝室に入った。

「いつもはどうしてる?」と聞くと。

R子は化粧台を指さし、引き出しの中に入れてあるコンドームを持ってきた。

いつもR子が旦那のチンチンにかぶせているのだという。

しかし、今日のR子はコンドームを開封しなかった。

まさか、生がご希望だとは・・最高の案件だ。

旦那が仕事をしている時、自分の女房が自分の家で他の男に抱かれているなんて、想像もしてないだろう。

ましてを懇願しているなんて、、、

もしかしてR子は魔性の女?

そんなことを考えながら、行為をした。

激しく、濃厚なカラミが終わり、俺たちは一緒にお風呂に入ることに。

風呂場でR子の変態な部分を垣間見ることができた。

オシッコをしてみろといえば、浴槽の淵に足をかけ、スケベな割れ目からするところを俺に見せつけた。

俺の要望に応えてくれる最高の人妻「R子」

今後はもっとスケベな女になる素質を持っている。(セフレ継続中!)

R子の行く末が恐ろしい(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました